FXとは

為替価格を決める主な要因は何でしょうか?

にほんブログ村 為替ブログへ

にほんブログ村

↑最初に上のボタンをぽちっとクリックして応援願います!(^_-)-☆

↑読み進める前に、一番上のボタンをぽちっとクリックお願いします!(^_-)-☆

この記事の内容

為替取引(FX)において、為替価格を決める主な変動要因や見るべき指標は多岐に渡りますが、以下に主要な要因をいくつか挙げてみましたのでぜひチェックしてみてください。

経済指標

経済指標は、国内や海外の経済情勢を示す指標です。

たとえば、米国の雇用統計GDP日本の企業物価指数などがあります。

これらの指標は市場参加者が注目し、公表された結果に応じて相場が動くことがあります。

たとえば、米国の雇用統計が予想よりも良好だった場合、ドル円相場は上昇することがあります。

中央銀行(FRB)がインフレーション抑制のために、金利を上げる等の操作が期待されるからです。

相乗的には、金利が上がると企業の借り入れ費用が上がり、株価が下がり、債券や為替に投資資金が移るなどの理由もあります。

中央銀行政策

各国の中央銀行は、政策金利や量的緩和などの政策を通じて通貨価値をコントロールしています。

たとえば、米国連邦準備制度理事会(FRB)が政策金利を引き上げると、ドルの需要が高まり、ドル円相場が上昇する傾向があります。

これは高金利通貨のほうが買われやすいからです。(儲かりますからね)

一方、日本銀行が量的緩和政策を行うと、円の供給量が増え、円安が進むことがあります。

地政学的リスク

地政学的リスクは、国際的な政治や社会情勢の変化によって相場に影響を与える要因です。

たとえば、英国のEU離脱問題や北朝鮮の核実験などが挙げられます。

地政学的リスクが高まると、市場参加者は安全資産である円を買い戻す傾向があり、円高が進むことがあります。

テクニカル分析

テクニカル分析は、過去の相場データから相場のトレンドや価格の動きを分析する手法です。

テクニカル分析によって、価格のサポートやレジスタンスなどのラインが特定されることがあり、これらのラインに相場が触れると、反発することがあります。

大口の取引や貿易のための実需では取引通貨が必要なため、大きな買いと売りで、価格が変動します。

いくらなら買っても良いのか、売っても良いのか?、等の割安感、割高感の判断は人間が決めるものです。

そのため意識される価格帯が必ずあります。

実需ではいつまでも待てないという、時間的制約がある為、一定の値幅で節目となる価格が発生します。

誰しも損をしたくないので、出来るだけ高く売りたい、安く買いたいと思いますので、何とかしてそのポイントを探ろうとするわけです。

そのために、どのあたりまでなら上がるだろうか?どこでさがるのだろう?とチャート形状や、トレンド系、オシレータ系などのツールを駆使して割高感、割安感はどのポイントなのか、を探ろうとします。

世界中の大口トレーダが多数使うツールが一番意識されるでしょう。

移動平均線、ボリンジャーバンド、MACD等)

ちなみに、大量の資金力があれば、ある程度の価格を動かせることもあるようです。

それはごく限られた大口しかできませんが、いわゆる「騙し」として使われる場合もあります。

それはテクニカルに反した動きを一時的に起こすことで、多くの相場参加者の損切りを巻き込んで、儲けることが行われる事があるようです。しかしそんなことは、商いが薄いときにしか起きないでしょう。

逆を言えば、方向性が無い時や、ある国が休場の場合には気を付けるべきです。

またマイナー通貨であるほど、イレギュラーな動きが出やすいとも言われています。

マイナー通貨とは、メジャー通貨を除くものです。

メジャー通貨は米ドル、ユーロ、円、ポンド、豪ドル、カナダドル、スイスフランなど。

これらの相場参加者の心理を理解することは、トレードを行う上で非常に大切です。

LINE登録で無料プレゼント

LINE登録で今だけ、tsubasaが実際に使用しているエントリーチェックシートをプレゼントします。(突然終了の可能性あります)

エントリーチェックシートを受け取る

このブログのランキングを見る

↓↓↓

FX初心者ランキング

メモ

上記のコメントはあくまで私の個人的見解です。
FXの売買はリスクを伴いますので、くれぐれも自己責任でお願い致します。

翼の利用している、FX口座の一つがDMM FXです。というのも、無償提供されるチャートツールの水平線描画などチャートツールはかなり使いやすいです。

FXを始めるなら≪DMM FX≫!

DMM FX

チャートでマルチタイムフレームを意識することの重要性

チャートは小刻みな波が少し大きな波を形成し、やがてさらに大きな波を形成していきます。まるで量子力学で語られるように非常にミクロな世界からマクロな世界までつながっている、フラクタルな構造と言えます。

また、大きな時間足になるほど大きな資金が動いていると言われます。つまり上位足の流れには逆らえないということです。

相場参加者により、トレードする時間軸が異なるため、複雑な動きをしますが、出来るだけ複数時間軸の動きが合致するゾーンでのトレードが、優位であると言えます。

画像に表示しているMTF(マルチタイムフレームチャート)はヒロセ系列であるJFXのオリジナルMT4チャートです。

条件を満たせば無料でゲットできます。(所定の口座入金額を満足)

MTFを理解しながらチャートが、各時間足でどのように形成されてゆくのかを、一目で理解することが出来ます!

このチャートの形成局面をリアルチャートで現認することで、確実にあなたのトレードスキルは向上できるはずです。

JFXは私も利用中で、ツールも使いやすいです。スマホにも4画面までのMTFチャートの表示が出来ます。

JFXは、電話もメールも対応がスピーディ。ちなみに伝説のトレーダー小林氏が社長です。

著名トレーダの無料セミナーも随時開催していますので、口座開設しておいて損は無いでしょう。

1000通貨からのトレード出来ます米ドル円であれば、約6000円の証拠金からスタートできます!

デモトレードではなく、実際のトレード経験をしっかりと積んでいくことができます。

デモで勝てても、実際の資金を入れると勝てなくなる人は多いものです。その課題がこのブログのテーマでもあります。

スキャルピングもやり放題。サーバーの応答性もgoodです。

スキャルピングならJFX株式会社

まだ始まったばかりのブログです。唯一の価値提供が出来るように頑張ります。このブログがあなたのトレードの参考になりましたら、下記ボタンでFXブログの順位もチェックしてみては?

にほんブログ村 為替ブログへ

にほんブログ村

新規口座開設で迷われている方、スプレッドを抑えたい場合は外為オンラインがオススメです。

平常時のドル/円スプレッドは1銭原則固定!

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

  圧倒的な速さで上達したいならコレ↓ 知識は実践出来て初めて価値がある。

<PR>

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

trader_tsubasa

兼業投資家。車関連メーカーに勤務。やりたいことの限界を突破する為に自力でお金を稼ぐ方法を複数構築中。このブログはFXを始めた頃の自分が知りたかったことを中心に書いています。トレーダとして必要な心理、心得、新たな気づきを備忘録として書いてゆきます。また資産構築、マインド、初めの種銭を作る今の本業で価値を上げる方法も考えます。FX初心者の方を全力で応援していきます。

詳しい自己紹介

-FXとは

Index